テレアポ代行を業界最安値でご利用可能

テレアポで先方の印象が変わる小ネタ集

テレアポで先方の印象が変わる小ネタ集

テレアポのノウハウとポイント

ゆっくりしゃべる
そんなことか、と言われるかもしれませんが、ゆっくりしゃべることはとても大事なことです。

最初に発見したのは、当時の同僚だったM氏です。何かの拍子にゆっくりしゃべると、相手の息づかいが感じられ、今相手がイヤなのかそうでないのか、が感じられると言い出したのです。 そして、私も試してみましたが、たしかにそのとおりでした。

「ゆっくりしゃべる」と相手がイライラして、電話を切られると思われるかもしれませんが、むしろ、きちんと話を聞いてくれます。相手がイヤなのかどうかが感じ取れるのです。押したり引いたりするのが、テレアポでは必要ですが、ゆっくりしゃぺらないと、相手の状況は感じられません。

早口でしゃべると、相手がイヤだという状況でもまくし立ててしまうため、ガチャと電話を切られることになります。これを、ゆっくりしゃべることで回避するのです。極端なやり方ですが、もし相手が嫌がっていたら話をやめることも重要です。

では、どのくらいゆっくりなのかということですが、相当にゆっくりです。幼い子供や耳の遠い老人に話すぐらいと考えてください。具体的にどうするかと言うと、滑舌よく話し、わかりやすい言葉で、相手が理解したかどうかを確認しながら、心をこめて伝えていきます。

重要なことは、「わかりやすく」、「心をこめて」です。

テレアポでは、専門用語を使っても自己満足でしかなく、それが相手に伝わることはありません。これもポイントです。わかりやすい言葉で伝えることがまず肝心です。そして、「心をこめて」というのは抽象的な表現ですが、テレアポを作業として投げやりにやると、それが相手に伝わり、アポを取ることはできません。心がこもっていない、アポを取りたいと思っていないトークは、相手に気持ちは伝わりません。心のない言葉は相手には伝わらないのです。電話は、顔が見えないむずかしいコミュニケーション手段なので、ゆっくり話して伝えることが重要なのです。

また、ほとんどのテレアポは早口でまくし立てます。「もしもし」と言った瞬間、すぐにテレアポだと相手にわかってしまいます。ところが、ゆっくり話しはじめると、いつものイヤなテレアポだと、瞬間的に悟られることはありません。そして、統計的に相手は、約数秒間は話を聞いてくれるため、ゆっくり話して、最初の関門を突破するのです。

テレアポ代行のおすすめの会社があります。ビズコールという会社です。テレアポを外注することも一つの手段です。

    ポイント

  • ゆっくり話したほうが、きちんと話を聞いてもらえる
  • ゆっくり話すと相手の気持ちが感じ取れる
  • 心をこめないと相手には伝わらない
一覧に戻る

お試しプランのご案内

ご相談は無料です。

0120-900-571
0120-900-571

受付時間(平日9:00 〜 18:00)

メールでご相談

テレアポ業界で10年間、累計100,000コール以上の実績の中で蓄積してきたテレアポ代行ノウハウから、お客様のご要望に沿ったご案内をいたします。
導入の有無に関わらず、ご予算・コール目的等をお決まりの範囲でお伝えください。是非、お気軽にご連絡ください。

他社との比較検討にも
お薦めです。

お試しプラン

初めてのお客様限定の「お試しプラン」をご用意しております。2万円台からご利用いただけるのは当社だけです。毎月5社限定で承っておりますので、この機会に是非お試しください。

業界初アポイント保証
テレアポ代行ご利用ガイド

当社のお客様の半数以上は、初めてテレアポを外注するお客様です。どんなことでも、お気軽にお問い合わせください。

  • 東京エージェンシー
  • イクイップコンサルティング
pagetop