テレアポ代行を業界最安値でご利用可能

テレアポの心構え

テレアポの心構え

メラビアンの法則

わたしたち営業が電話で「もしもし」と話した時点で切られてしまうことがあります。
テレアポをする際、営業の皆さんが最初にぶつかる課題として挙げられます。
わたしたちにとってはじめましての電話で、「だから、いらないと言っているだろう」とお客様から言われてしまう場合もあります。

では、お客様にとっての「だから」は、何にかかっている「だから」なのでしょうか?

1週間、1カ月の間に同じような電話がかかってきて、一度断ったはずなのに、またかけてきたのかという「だから」なのでしょうか。
さまざまなシチュエーションは考えられますが、お客様が電話を歓迎していないことだけは事実です。

では、お客様は、わたしたち営業にとってはじめましての電話をなぜ歓迎していないのでしょうか?

テレアポをする際、「もしもし」と言った時点で電話を切られるということは、お客様は電話の相手がテレアポだと判断しているからです。

心理学者アルバート・メラビアンは、「メラビアンの法則」を提唱しました。
ファースト・コンタクト時に生じる相手への印象を3つに分類しています。
視覚的な要因が55%、聴覚的な要因が38%、言語的な要因が7%という比率になっています。

「メラビアンの法則」によれば、営業において重要になってくるのは、声質・声のトーンなのです。

お客様が電話の相手がテレアポだと分かるのは、ほとんどのアポインターが同じような声質・声のトーンで話しているからです。

たとえば、野球場にいるウグイス嬢たちは、独特の声質とトーンをしています。ウグイス嬢の独特な声質とトーンが悪いというわけではありません。ただ、どこの野球場に行ったとしてもウグイス嬢の独特な声質とトーンに変化がありません。
テレアポも、ほとんどのアポインターが同じような声質とトーンで話すので、お客様にははじめましての営業か比較できないのです。

テレアポをする際は、お客様に語りかけるように落ち着いたトーンで話すようにしてください。大部分のアポインターは、お客様に話を聞いてもらいたいがために、必死に早口で話してしまうのです。

お客様に話を聞いてもらいたいために早口で話をする努力をしているのに、お客様はどこの営業か判別もつかないまま電話を切ってしまいます。
ゆっくり落ち着いて話すことで、早口で話すテレアポと差別化することができれば、お客様ははじめましての営業であることに気が付くことができるのです。

一覧に戻る

お試しプランのご案内

ご相談は無料です。

0120-900-665
0120-900-665

受付時間(平日9:00 〜 18:00)

メールでご相談

テレアポ業界で10年間、累計100,000コール以上の実績の中で蓄積してきたテレアポ代行ノウハウから、お客様のご要望に沿ったご案内をいたします。
導入の有無に関わらず、ご予算・コール目的等をお決まりの範囲でお伝えください。是非、お気軽にご連絡ください。

他社との比較検討にも
お薦めです。

お試しプラン

初めてのお客様限定の「お試しプラン」をご用意しております。2万円台からご利用いただけるのは当社だけです。毎月5社限定で承っておりますので、この機会に是非お試しください。

業界初アポイント保証
テレアポ代行ご利用ガイド

当社のお客様の半数以上は、初めてテレアポを外注するお客様です。どんなことでも、お気軽にお問い合わせください。

  • 東京エージェンシー
  • イクイップコンサルティング
pagetop

お気軽にお電話ください。フリーダイヤルをタッチ

0120-900-665

平日 9:00〜18:00(土日祝休)