テレアポ代行を業界最安値でご利用可能

テレアポ代行サービス会社選びのコツ

テレアポ代行サービス会社選びのコツ

失敗しないテレアポ代行の見極め方

料金体系の仕組み

テレアポ代行会社の料金体系は各社様々ですが、大体主な名目「初期費用」、「稼働費用」、「オプション費用」の3つで構成されています。
「初期費用」とは、一般的にご依頼時にお支払いいただく基本料や設定費などです。
「稼働費用」は、実際にテレアポが開始してから発生します。主に稼働実績に応じた「コール課金」と「成果報酬」の重量枠があり、どちらかを選択していただきます。この選択が費用対効果の分かれ道でもあるので、慎重にご検討ください。

初期費用の詳細

テレアポ代行会社では、依頼内容に応じて人員配置、オペレーターの教育などの体制構築、戦略や戦術のプランニングを行わなければなりません。
そのために必要な基本料金、設定費、導入費用が、初期費用に設定されているのです。
初期費用は数万円〜数十万円まで、依頼の規模によって変わってきます。

中には「初期費用 0円!」を謳う業者もあるようですが、そのようなケースでは稼働費用に何らかの名目で上乗せしているか、スクリプト(トーク台本)作成費といった名目で料金調整されていたりするようです。

コール課金とは

コール課金は「コール数×課金単位」で報酬額を取り決める従量課金式の料金体系です。
この方式だと、成果に係わらず電話を掛けた数のみで課金カウントされます。

市場競争力が高い商材であれば、ある程度の成果獲得数が見込まれ、総合的に低コストになる場合があります。

1コール当たりの料金相場は300円〜400円当たりの設定が一般的ですが、100円前後という破格をウリにしている代行会社も見かけます。

コストも重要ではありますが、ただただ1コール当たりの目先の安さにとらわれていては、テレアポの本質を度外視した選択をしかねません。
中には外国人をコールスタッフに雇用し、カタコトの日本語でテレアポを行っている業者もあるのです。安さだけにつられてはなりません。不在コール(再コール)の有無や上限回数、コールスタッフの属性など、テレアポの内容やオプション、その他条件にも注目して業者を選択しましょう。

成果報酬とは

成果報酬は、「成果獲得数抱える課金単価」で報酬額を取り決める従量課金式の料金体系です。
この方式だと、コール数ではなく、実際に成果を獲得した数で課金カウントされます。

完全成果報酬の場合、コール数がかさんでも成果を獲得しない限り報酬が発生しないため、クライアント側にリスクがありません。
反面、受注する業者側からすると、コールに伴う経費・稼働コストは必ず発生しますので、成果獲得に至らない場合は報酬を得られないことになります。
このリスクを負う分、成果報酬額に見合った課金単価の取り決めがあるのです。

アポイント1件当たりの料金相場は10,000円〜30,000円と、報酬設定に幅があります。
その報酬額を決めるのが「獲得率」です。
商材の市場競争力が低く、獲得率が明らかに見込めないと判断された場合、成果報酬での受注不可とされることもあります。

オプション費用とは

オプション費用は、初期費用、稼働費用以外の名目で設定している別途料金を指します。
代表的なのは、架電リストの新規取得費やスクリプト(トーク台本)作成費、報告書作成や管理諸費などです。
代行業者ごとにオプションに設定する名目は異なりますが、初期費用や稼働費用を安く設定していても、オプションが高く設定してあるケースもあるので、総合的な料金を見て判断することが重要です。

一覧に戻る

お試しプランのご案内

ご相談は無料です。

0120-900-571
0120-900-571

受付時間(平日9:00 〜 18:00)

メールでご相談

テレアポ業界で10年間、累計100,000コール以上の実績の中で蓄積してきたテレアポ代行ノウハウから、お客様のご要望に沿ったご案内をいたします。
導入の有無に関わらず、ご予算・コール目的等をお決まりの範囲でお伝えください。是非、お気軽にご連絡ください。

他社との比較検討にも
お薦めです。

お試しプラン

初めてのお客様限定の「お試しプラン」をご用意しております。2万円台からご利用いただけるのは当社だけです。毎月5社限定で承っておりますので、この機会に是非お試しください。

業界初アポイント保証
テレアポ代行ご利用ガイド

当社のお客様の半数以上は、初めてテレアポを外注するお客様です。どんなことでも、お気軽にお問い合わせください。

  • 東京エージェンシー
  • イクイップコンサルティング
pagetop